BUILD WORKs -ビルドワークス-

2016.2.24
疲れにくいキッチンをデザインするために②

前回は、疲れにくいキッチンを作るためにというテーマで、キッチンの高さを身長に合わせたものに、というお話をしました。

2回目となる今回は、疲れにくいキッチンにするための、収納の位置についてご紹介します。

キッチンの収納を考える上で大切なのが、収納をどこにするかということです。

「動線」という言葉をご存知でしょうか。

動線とは、建物の中を人が自然に動くときに通ると思われる経路を、線で表したもののことを言います。

この線を短くするような収納、そして配置作りをすることで、移動の少ない疲れにくいキッチンを作り出すことができるのです。

例えば、使いやすいものは使いやすいところに、というのは動線計画において重要です。

生ゴミを捨てるためのゴミ箱が、シンクや、まな板を使用する作業スペースから離れていれば、その動きが無駄ですよね。

近くにゴミ箱を置くことができれば、そういった無駄な動きをなくすことも可能です。

また、食器棚もシンクの近くにあると、洗い終わって乾いた食器などの収納に時間を要することがなくなりますので、便利ですね。

シンクと作業台の真ん中ほどにあれば、盛り付けのときに困ることもありません。

いかがでしたか?

ぜひ、これらのコツを用いて疲れにくいキッチン作りを目指してくださいね。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市