BUILD WORKs -ビルドワークス-

2016.7.29
屋根の葺き替え、いつやるのが正解?

自分の家を守るためには、定期的なメンテナンスが必要になります。

特に屋根の部分は気にしておかなくてはならない部分といえるでしょう。

屋根が劣化して雨漏りをしてしまえば、家全体の劣化につながりますので、特に注意して気にしておかなくてはならないのです。

屋根が古くなってきた場合には、葺き替えが必要になりますが、いつ頃の時期にするのが適しているでしょうか。

屋根の葺き替え時期に関しては、屋根の種類によって年数が変わってくるので、どんな種類を使っているのかによって、判断していきましょう。

日本瓦の屋根は20前後が葺き替えの目安になっていますので、新築からどのくらい経っているかによって葺き替えを考えていかなくてはなりません。

50年暮らす家であれば、最低でも一回は葺き替えを検討した方がよさそうです。

日本瓦と違いトタン屋根はかなり早く、5年前後で葺き替えを考えなくてはなりません。

5年となるとたびたびお金が必要になりますが、それでもそこでお金を出すことに躊躇していれば家の劣化を招くことになりますので、五年ごとの葺き替えを検討しましょう。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市