BUILD WORKs -ビルドワークス-

「断熱について」

断熱へのこだわり

住み心地のいい家として『夏は涼しく、冬は暖かい』は、よく見聞きするフレーズですが、何をもってどうやって叶えるのか、言葉や感覚では、家の性能はわかりにくく、案外はっきりしていません。

しかし、断熱性能については、様々な指標が定義され、性能がどうであれば、住み心地が良くなるか、解明されてきています。ビルド・ワークスでは、しっかりと独自の定義を持って進めていきます。

日本の省エネ基準の流れは、石油危機を契機として幾度か改正されてきており、
1979年省エネ法から始まり、
1980年(昭和55年)基準
1992年(平成4年)基準
1999(平成11年)基準
その度に、暖冷房負荷を抑える為の断熱・気密性能基準のレベルアップがあり、2013年(平成25年)基準の改正より断熱性に省エネ性が加わりました。
さらに、2020年までに新築住宅・建物について段階的に基準の義務化へ改正されていきます。
これは、無断熱状態の建物を断熱強化し、最近の一般的な設備機器・家電が省エネ化で効率をたかめており断熱基準の他に、海外では一般的な設備機器の省エネ性による設計基準が加わる事になります。

基準をめぐっては、日本の住宅・建築物の省エネ性能を発展・普及させるという好意的な見方がある一方で、基準レベルの議論が十分でなかった点や、多くの人がクリアしやすいようレベルを低めに設定せざるを得なかった点を指摘する声も強く、今回の改正省エネ基準も、これさえクリアすれば建物の「省エネ対策は万全」というものでも無いと考えられます。
実際政府としても、さらに高いレベルへの誘導及び促進を目指して、低炭素住宅の認定制度(※3)や住宅のゼロ・エネルギー化推進事業等(※4)をスタートさせています。

更には、実際に完成した家に住まわれるお客様の声も重要です。
家を設計する際、省エネ基準に基づき外皮性能計算を行い、家の性能をきっちり設計して、建てさせていただくわけですが、実際お住いになっているお客様の声や、アフターメンテナンスでお邪魔したときに、私たちの体感で感じたことなどを踏まえると、家が設計通りの性能値は出ていても、ここにいるときが少し寒いなどあり基準値をクリアするだけの性能では、住み心地を損なってしまう場合をみかけます。
ビルド・ワークスでは、こういった声や経験を何よりも大切に、各言葉の定義・計算結果の根拠となる計算式まで把握し、外皮性能計算を自社と第三者機関へ計算依頼する事で省エネ基準とビルド・ワークス仕様との性能を比較し、独自基準を、テーマである「いい家」のために定義し、日々の声や経験に基づき、高めています。

断熱性能を検討していくためには、建築予定の立地条件・建物形状・仕様等を把握し、各断熱材の種類と形状の違いによる性能(熱伝導率)の違い・工法の特徴やコスト面も把握します。
そして、設計時に、各部位(外壁・窓・天井・床等)の熱損失量を計算し、外皮面積(外部との熱的境界)を加味すると、外皮平均熱貫流率(Ua)値が算出されます。さらに、各部位の熱損失量を求める為、部位で構成される材料の熱伝導率と厚みより熱抵抗(逆数の熱貫流率)を計算しその熱貫流率と面積比率(一般部・熱橋部)をそれぞれ乗じた合計が部位の平均熱貫流率となります。

サッシやドアなどの開口部は各メーカー商品資料の熱貫流率に基づき、それぞれの熱貫流率と面積を乗じた合計から開口部の平均熱貫流率を求めます。これらの計算に日射取得率・方位係数・補正係数も加わり、より各部位を構成する建築材料の詳細な断熱性能・特徴を把握する事により、材料の熱伝導率と厚みの関係性や工法の違いで外張り・充填・付加断熱について、効果面とコスト面も比較する事ができ、設計時に各部位ごとに弱点の改善策と仕様を検討できます。

家の弱点の一つに結露がありますが、断熱の他に気密・換気とも深く関係があり発生箇所により、表面結露・内部結露に分かれ、発生原因で冬型結露・夏型結露に分類され、それらを防ぐためには、基本的に水蒸気量を減らすか、表面温度を上げる(下げない)方法があります。

外皮性能計算と同じように結露計算で材料の熱伝導率や透湿抵抗などを基に計算し原因を把握すれば断熱の工法、厚みや材料の組合せ、表面温度や防湿層の配置への影響を検討できます。

換気以外の隙間を減らし、空気の出入りを計画・気密性能を良くし計画換気する事で、水蒸気量を減らし結露・カビの発生原因を抑制できます。

それぞれの違いや特徴を把握し、一棟一棟条件が違った中でも断熱性能を確保できれば、結露対策や住宅の一次エネルギー消費量をコントロールし抑制でき、それに加え、太陽光発電による売電を考慮すれば、収支ゼロ・エネルギー住宅も可能になります。

こだわりは、基準や設計だけではありません。建築を検討される際に、案外見落としがちなのが、施工精度です。こう言った計算と経験で産出された設計を、現実のものにする施工精度が最重要なのです。
いくら計画や計算ができたとしても、実行できる技術が伴っていなくては、施工の仕方によっては性能が80%や最悪50%まで落ちてしまうようなこともあります。
そしてその家は、何十年もその性能を維持させる必要があります。

当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、意識と技術がないとできません。

こういったことが手段で、それを積み重ねることで、目的の住みごごちの良い家は完成します。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市