BUILD WORKs -ビルドワークス-

2016.10.31家は何向きが良いの?

家の向きはどの方角に向いているのが良いのかと思う人もいることでしょうが、その場合家の向きによる違いを理解しておくことが大切です。

一般的には南向きが良いとされていますが、必ずしもそれが一番いいとは限らず、人によっては適した向きというのがありますから、自分が最もメリットを感じる向きを選ぶのが重要な事になります。

南向きは日当たりが良いので好まれやすいものですが、朝日が入らないので朝が早く日中家にあまりいないという人は南向きの恩恵をあまり受けることができません。

逆に朝早い人にとってメリットが大きいのは東向きとなり、朝日が入るので心地よい朝を迎えることができます。

その代わり、日中の日当たりはあまり良くない傾向にあるので、家にいる時間が多い人にはやや不向きといえます。

西向きは西日が差し込んできて暑いと敬遠されがちですが、冬場にはそれがメリットとなり温かく過ごすことができるので、夏の暑さよりも冬の寒さのほうが耐え難いという人にとって適したものとなります。

このようにどの方角であっても一長一短があるため、何を重視するかによってどの向きが良いのかが決まってきます。

2016.10.29『Modern Villa』着工!!!

こんにちは、

京都で注文住宅を手掛ける工務店、ビルド・ワークスの大槻です。

本日、近畿地方では木枯らし1号が吹いたとか。。。

これでも例年より4日遅いそうですが、

ついこの前まで28℃とかあった気がしますね(笑)

来週は最低気温も一桁になるようなので、

皆様風邪やインフルエンザにはくれぐれもご注意ください。

 

先日、地鎮祭を行いましたプロジェクト名『Modern Villa』は

10月吉日に着工を迎えました!!!

005

11月の中旬には上棟の予定です。

進捗状況は随時アップしていきますのでお楽しみに!

 

 

2016.10.29家を長持ちさせるために必要なこと

せっかく購入したマイホームでも、年月が経過するにつれて劣化していってしまいます。

そこで必要なのが家を長持ちさせるためのメンテナンスです。

定期的に行うこまめなメンテナンスが必要なので、お手入れしだいでは長く愛着を持って暮らせる住まいにすることができるのです。

まず、大事なことはできるだけ雨水などが住まいに入ってこないようなメンテナンスです。

特に屋根は普段目に見えない部分ですが、毎日風雨や強烈な紫外線から家族を守っているので、ダメージも大きくなっているケースがあります。

定期的に行う屋根のチェックで雨漏りしていないかの確認が大切です。

家の中に水分が入ってしまえば、内側から傷む原因になるので屋根の劣化は早めに修理して、実際に雨漏りになる前にメンテナンスしましょう。

同様に外壁にできるクラックというヒビも要注意です。

クラックから雨水などが入って、内側からカビが生えたり劣化してしまう可能性があるので、10年に一度は外壁塗装などを行ってしっかりメンテナンスしましょう。

こうしたこまめなケアが住まいを長持ちさせる秘訣となります。

2016.10.27断熱材って必要なの?

断熱材は家屋の室内側と室外側の熱移動をシャットアウトし、夏の暑さや冬の寒さなどの外気温を、室内に伝わりにくくする素材のことです。

施工の方法は大きく分けて内断熱と外断熱の2種類があり、材質は鉱物繊維系(グラスウールやロックウール)、木質繊維系(セルロースファイバーなど)、発泡プラスチック系(硬質ウレタンフォーム、ポリスチレンフォームなど)などの種類があります。

断熱性能の高い建物は冷暖房効率が良く、一年を通じて快適な湿度、温度を保つことができますので、省エネや光熱費の節約につながります。
また、二酸化炭素の排出が削減されるため、地球温暖化の防止にもつながります。

逆に断熱材を適切に使わないと、快適な湿度、温度を保つことができなくなり、夏は暑くて冬は寒い家屋になります。
また断熱材が不十分だと、壁の内部に結露が発生し、建築物が傷みやすくなるなどの弊害も起こります。

断熱工事は施工後に見えなくなるため、材料や施工のコストを削りやすい箇所ですが、目に見えない場所であるからこそ適切な断熱材と施工を行うことが、結果として居住者と家屋の「健康」につながるのです。

2016.10.25無垢材のフローリングの手入れ方法

無垢材のフローリングには、とてもたくさんの魅力がある一方で、こまめな手入れが必要であり、手入れを怠るとその魅力が失われてしまいます。

ですので、今回は無垢材のフローリングを美しく保つために、手入れのポイントを押さえておきましょう。

まず、注意すべき点は、「水気」と「傷」です。

日々の掃除の際は、基本は雑巾で乾拭きをしますが、乾拭きでは汚れが取れないという場合でも、水は無垢材にとって天敵なので、水拭きする際には硬く絞りましょう。

そして、その後もう一度乾いた雑巾で乾拭きをしてください。

掃除シートなどを使う場合も、ウェットタイプは避け、ドライタイプを使うようにしましょう。

無垢材は傷つきやすいので、掃除機を使う際にはキャスターで床を傷つけないように注意が必要です。

もしソースやジュースなどをこぼしてしまったときには、素早く拭き取りましょう。

そのまま放置していると、床板が割れたり反ったりといった劣化の原因となってしまいます。

適切な手入れをしていれば、無垢材は年月を経てもなお美しく、さらに味わい深い風合いへと変化して行きます。

日々の扱いに気を付けて、いつまでも美しいフローリングを目指しましょう。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市