BUILD WORKs -ビルドワークス-

2017.2.18ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

暮らしやすい住まいを作るために必要不可欠なのが収納ですね。

収納にもいろいろな種類がありますが、特に大容量の収納が欲しいという方におすすめなのがウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットは様々なものを一カ所にまとめて収納できるのが最大の利点と言えるでしょう。

衣類などだけではなく、寝具やスーツケースなどの大きいものも収納することができるので、収納場所がなくて悩む、ということが起こりにくいです。

その広さを利用して、そのまま更衣室として着替えを行うことも可能です。

一方でウォークインクローゼットはその名の通り、人が通り、物を出し入れするスペースが必ず必要となりますので、十分な収納スペースを確保するためには通常のクローゼットよりも居住スペースを狭めなくてはならないというデメリットがあります。

また、上手く仕切りや棚などを活用しなければデッドスペースが生まれやすく、結果的に収納力が十分に発揮できない場合もあるので、使用するには片付けや収納のスキルが必要です。

ウォークインクローゼットはうまく使えればとても便利な収納なので、広さや内部のレイアウトはよく考えて上手に活用できるようにしましょう。

2017.2.17木造戸建てリノベーション

京都市山科区で工事が始まった、戸建てリノベーション、
内部解体が終わり、いよいよ新たに造っていく作業に入りました。

解体後の状態を確認していただくためにクライアントと現地へ行くと、
小屋裏から新築時に納められた「御幣」が。

クライアントも当時のことを色々と思い出されたようで、
新築されたときの思いを懐かしんでおられました。

解体後の内部は、痛んでいるところも想定内。
大きな補修も必要なくこのまま進められそうです。

私たちの仕事も、いつか次の世代の方々が解体したとき、
これは良い仕事がされている、と安心してもらえるように、
見えないところまでしっかりと、公明正大に仕事をしなければと、
改めて感じました。

IMG_6066

BUILD WORKs
Kawashima

2017.2.16システムキッチンってなに?

近年、主流となって来ているシステムキッチンですが、どのようなことを示しているのか内容はご存知でしょうか?システムキッチンとは収納スペースやシンクを始め、ガスコンロやIHクッキングヒーターなどの加熱調理機、食器洗浄機や浄水器などをビルトインしたデザインになっています。

全てが一体となるようにキッチン上が一枚の天板で繋がったスタイルは、見た目が良く使い勝手もあります。
新築に導入されるのはもちろん、リフォームなどで手軽に利用することが出来ます。

メーカーによって様々なものがあり、日本の住居に合うように設計されたものが増えて来ています。
機能面も充実させた国産メーカーの他に、スタイリッシュなデザインの海外メーカーも人気となっています。

レイアウトもクローズ型とセミオープン型とオープン型が有り、クローズ型はキッチンをダイニングや他の部屋と独立しています。
オープン型はキッチンとダイニングの仕切りがないデザインになっています。

セミオープン型は、オープンとクローズの間を取っていて、手元が隠れ
るところが人気です。
理想的なキッチンを選ぶようにしましょう。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市