普遍的な素材を活用すること

更新日:
2020.02.14

BUILD WORKsのことが
よく分かるブックレット
プレゼント

資料請求はこちら

今回は、いい家を実現するためのビルドワークスが考える5つの「思い」のひとつでもある
 

普遍的な素材を活用すること

 

このことについての、こだわりをお話させて頂きたいと思います。

 

まだ「いい家を実現するためのビルドワークスが考える5つの「思い」」 読んでいない方は、コチラをクリック。

 

 

普遍的な素材とは?

 

ビルドワークスでは、「普遍的な素材=時代に関わらず長く好まれているもの」を大切にしております。

例えば「木」や「漆喰」など。害がなく、昔から長く使われており、

そういったものは、本能で心地の良いものと感じるのではないでしょうか。

 

 

例えば、素手や素足がふれるフローリングは、よく無垢のフローリングをおすすめさせて頂いております。

無垢のフローリングのような自然素材は、見た目がキレイなだけでなく触り心地も良く、機能的です。

 

冬場に素足でフローリングを触った時、ヒヤッとする感覚を経験したことはありませんか。

無垢材のフローリングは、「木材」そのものが呼吸をして調湿をしているため、冬場に触ってもヒヤッとしません。

 

「木」は、生育するために水を吸い上げ、枝葉の隅々にまで水を供給する「クダ」が備わっています。

それをフローリングとして使用するために乾燥させると、水が通るはずだった「クダ」が空洞となり

その空洞が「空気層」となり「断熱効果」を得られるのです。

 

合板フローリングは、何重にも接着剤で厚くしているので、無垢フローリングに含まれるような「空気層」はなく

接着剤が冷えてしまうので、ヒヤッと感じるのです。

 

 

ただ、デメリットもあります。自然のものなので傷がつきやすかったり、

水には強い素材ではないので、床の上に長時間水が放置されたりすると、痛みの原因になります。

メンテナンス等の面では、手のかかるものではあるかもしれません。

しかし、手をかけてあげることで、長く愛用することができるものになるのです。

 

 

時代に関わらず長く好まれているもの」は、長く愛用できる

 

将来長い時間ともにする生涯の家、「自然な素材のもの」を活用することによって、

自分の代、またお子様やお孫様への代と引き継がれた時にも長く愛用でき、

経年変化を楽しみながら次へと受け継ぎたくなるような家を、一緒にお考えさせて頂いております。

 

 

 

[BUILD WORKs 設計チーム]

 

コラム一覧へ

家づくりのご相談などお気軽にお問い合わせください

※設計のみもしくは工務店のみのご依頼も承っております。

TEL 075-707-2223
FAX 075-707-2224
営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時

お問い合わせフォーム

BUILD WORKsのことが
よく分かるブックレットプレゼント

資料請求フォーム

BUILD WORKsの掲載記事を
無料ダウンロードできます

無料ダウンロード

株式会社ビルド・ワークス

ビルド・ワークスから
家づくりに役立つ情報を
お届けいたします
メールマガジンの購読