上棟の次は・・・

更新日:
2021.03.31

BUILD WORKsのことが
よく分かるブックレット
プレゼント

資料請求はこちら

こんにちは

京都で注文住宅を手掛ける工務店、

ビルド・ワークスの大槻です。

先週上棟いたしました左京区の邸宅は、

内部は大工さんが耐力壁と言って、その家の耐力を作り出す壁の施工に取り掛かっていて、

屋根では屋根材の下地となるアスファルトルーフィングの施工が終わっています。

アスファルトルーフィングにも決まりがあって、JIS規格のA6005規格に準拠したもの以上となっています。

アスファルトルーフィングとは、アスファルトを含む原紙にアスファルト、

珪砂をサンドしたものなのですが、その重さが1㎡あたり940gあるものが

アスファルトルーフィング940で、弊社ではそれ以上の規格ARK-04sの商品を採用しています。

原紙をサンドするアスファルトが向上しており、防水性が増しています。

天窓廻りもしっかりと。

来月のは断熱材の充填、気密測定があり、5月には構造見学会を開催いたしますので、

ぜひお越しくださいね。

レポート一覧へ

家づくりのご相談などお気軽にお問い合わせください

※設計のみもしくは工務店のみのご依頼も承っております。

TEL 075-707-2223
FAX 075-707-2224
営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時

お問い合わせフォーム

BUILD WORKsのことが
よく分かるブックレットプレゼント

資料請求フォーム

BUILD WORKsの掲載記事を
無料ダウンロードできます

無料ダウンロード

株式会社ビルド・ワークス

ビルド・ワークスから
家づくりに役立つ情報を
お届けいたします
メールマガジンの購読