BUILD WORKs -ビルドワークス-

「気密について」「換気について」

健康で快適な住宅を実現するには気密性能は非常に重要です。気密性が重要な理由は大きく2つあります。

1つ目は断熱性能を高めても気密性が低く隙間が大きいと、そこから熱が逃げて、冬寒く、光熱費が沢山かかる家になるからです。
2つ目の理由は、計画的に換気をするためです。穴の空いたストローでは飲み物が吸えないのと同じで、気密性能の悪い家は換気扇を回しても十分必要な換気ができないのです。

近年シックハウス症候群が社会問題となり、住宅の24時間換気が法律で義務付けられました。
この基準は1時間で家の中の空気の半分を入れ替えるというものです。
計画換気が出来ていない家の中の空気はとても汚れています。
住まいの建材や家具の塗料、接着剤、タバコ、ペット、食品、
衣料を始め呼吸による二酸化炭素など汚れた空気は中途半端な隙間では十分に換気することはできません。

また、平均的4人家族で1日あたり9.4Lの水蒸気を発生させていますが、
これらの水蒸気が換気されないと結露の原因となります。結露はカビを発生させ、
そのカビを餌とするダニが繁殖します。そのダニの死骸や糞がアレルギーの原因である事はご存知の通りです。

多くの人が飲料水には気を使われるのに、飲料水よりもはるかに摂取量の多い空気に対し無関心な方が多いように思われます。
新鮮な空気はそこに住まう人の健康と、家の超寿命化にも非常に大きく関わる大切な性能なのです。
気密性能を高めるには、しっかりとした気密を高める知識と、それを施工する技術力が必要です。
そして気密性能は図面から読み解くことが出来ないため、1軒ずつ現場で測定しなければその家の気密性能はわかりません。
この測定が義務化されていないという理由で多くの建設会社が気密測定を実施していません。
ビルド・ワークスでは安心・安全・健康・快適な住まいを提供する為に、この気密測定を全棟で実施しています。
この気密性能を表す基準にC値というものがあります。これは隙間相当面積といわれ、
床面積1㎡あたり何cm2の隙間があるかという指標です。(数字が小さいほど性能がよい。)
従来の住宅ではこのC値が5~15、京都では次世代省エネ基準で5以下と定められています。

ビルド・ワークスはその基準の10倍の0.5以下を基準性能と設定しています。

何故そこまで厳しい基準を設けているかというと、C値=5では換気率で17%程度の換気しかできず、
残り83%は換気扇近くの隙間風を巻き込むだけ(ショートサーキット)で、実際には汚れた部屋の空気や湿気を換気できていないのです。

更にC値=1であっても有効に換気ができるのは46%だけなのです。
ビルド・ワークスの設定している基準値C値=0.5で65%の有効換気をおこなうことができるのです。
またこのレベルであれば隙間から大量の熱が逃げることもなく、健康・快適で省エネを実現させるのに十分な気密性能と言えます。

  • 京都・滋賀で理想の注文住宅を建てるなら一級建築士のいる工務店
  • 株式会社ビルド・ワークス
  • 一般建築業 国土交通大臣許可 (般-25)第20099号
    一級建築士事務所登録 (28A)第00848号
    耐震構法SE構法 重量木骨の家 プレミアムパートナー
  • 京都市左京区下鴨西林町28-2 〒606-0817 (地図
  • TEL:075-707-2223 FAX:075-707-2224
  • 営業時間 日曜祝日を除く 9時~18時
  • お問い合わせフォーム
  • ビルド・ワークスはこんな会社
事業内容
  • 住宅の設計および施工
  • 店舗の設計および施工
  • 住宅リフォーム・リノベーション
対象エリア
  • 【京都府】
  • 京都市、八幡市、亀岡市、
  • 向日市、長岡京市、宇治市、
  • 城陽市、京田辺市
  • 【大阪府】
  • 枚方市、高槻市
  • 【滋賀県】
  • 大津市、草津市、守山市、
  • 栗東市、野洲市