Scroll

ビルド・ワークスの家

The Concept of

「いい家を建てた」、
いつまでもそう思える家で
あること。

01

家を建てたい、そう考える誰もが「いい家」を建てたいと考えるはずです。「いい家」は人それぞれ、かたちもあり様も千差万別。
それはまた、家を建てるハウスビルダーや工務店にとっても同じこと。
ビルド・ワークスもまた、自らが考える「いい家」の基準を持っています。あなたの求める「いい家」と、わたしたちが考える「いい家」は同じでしょうか?
まず「いい家」に対するわたしたちの考え方について知っていただければと思います。

京都で、家を建てる。

02

ビルド・ワークスは、京都で家をつくる一級建築事務所・工務店です。
京都での家づくりは、様々な規制や基準への対応を満たした上で、京都の風土に根ざした設計と施工が求められます。わたしたちの、京都へのアプローチをご紹介します。

デザイン:designとは、[ de:壊す + sign:記号 ]。

03

既存の形式や概念にとらわれることない、新しい「在り方」を築いていく。それがビルド・ワークスの家づくりに対するデザインアプローチです。その中で、何を大切にしていくかを定めた「5つのデザイン」をわたしたちは重視します。
家づくりを考えるすべての人たちにこそ、まず知っていただきたい。そんな「5つのデザイン」をご紹介します。

住みやすく、
長持ちする家を
コントロール。

04

いくら卓越したデザインを持った家でも、それを取り巻く自然環境から逃れることはできません。日射、雨、風、大地、緑。中でも光と空気は日常生活において常に触れ、そこに住まう人の生命に強い影響を与えています。
デザインをかたちにし、生活の舞台として長く住み続ける空間へと仕上げていく上で重視すべきポイントとして、わたしたちは「6つのコントロール」に気を配っています。快適な住み心地を長年に渡り維持しつつ、光と空気を活かし、家自体を長持ちさせ、家自体の価値を高めるわたしたちの提案をご紹介します。

京都の工務店としての「矜持」

05

歴史ある街、京都で家を建てさせていただくことに、ビルド・ワークスはこだわりと誇りをもって望ませていただいています。一級建築士がデザインした美しい、「いい家」。それを現実に落とし込むためには隅々まで行き届いた丁寧な施工が求められます。わたしたちの、『施工』に対するこだわりについてご紹介します。

「いい家」を支える、
高い基準。
High Standard

ビルド・ワークスには、モデルタイプや決まったデザイン仕様はありません。一軒一軒を、それぞれのお客様のご要望に応じてご提案しています。それでも、「いい家」をつくるために、わたしたちは一軒一軒を譲れない基準に基づいてデザインしています。ここではビルド・ワークスの「標準」についてご紹介します。

安心をかたちに。
様々な保証・制度が
バックアップ。
Guarantee and System

家自体の性能を客観的に担保し、安心して長く住まえる家をご提供するために、ビルド・ワークスでは様々な保証・制度をご用意しています。

短いようで長い、
家づくりに寄り添います。
Long Term Client Relationship

家づくりを思い立って、実際に理想の家で暮らし始めるまでにはたくさんのやるべきことが存在します。ビルド・ワークスでは、初回のプレゼンテーションから3DCGによる精密な完成像を提示し、あなたとともに家づくりに携わり、その間に感じる不安をできるだけ軽減するよう寄り添っていきます。